昭和21年 5月
中西健一が大阪府堺市に於いて、特殊電線・電纜販売業
『堺電業社』 を設立する。
昭和24年 7月
大阪市北区に 『大阪営業所』 を開設する。
昭和32年 1月
資本金125万円で組織変更し、『堺電業株式会社』と改称する。
昭和34年 8月
本社を堺市より現所在地〈大阪市西成区〉へ移転し、
同所に工場を建設して伸線および撚り線の製造を開始する。
大阪営業所を 『北営業所』 と改称する。
昭和39年 1月
神奈川電業社を合併し、『川崎出張所』 とする。
昭和40年11月
本社社屋を新築し、工場を大阪市東住吉区へ移転する。
昭和40年12月
資本金を500万円とする。
昭和42年 3月
資本金を750万円とする。
昭和43年10月
工場を現所在地〈滋賀県野洲市〉に新築し、伸線から被覆までを自社で賄い
『溶接用キャブタイヤ専門メーカー』 として生産を開始する。
昭和45年 2月
資本金を1,125万円とする。
昭和45年 8月
川崎出張所を現所在地〈川崎市貝塚〉に新築移転し、『川崎営業所』 とする。
昭和47年 1月
高知市東城山町に 『高知営業所』 を開設する。
昭和47年 3月
交通事情悪化のため、北営業所を閉鎖して本社に統合する。
昭和48年 3月
高知営業所を現所在地〈高知市若松町〉に新築移転する。
昭和49年 2月
資本金を1,800万円とする。
昭和62年 9月
本社営業事務所及び倉庫を新築。
平成24年 9月
レンタル倉庫を工場に隣接して新築し、キャブタイヤケーブルのレンタル事業を
本格的に開始。